将来の夢を持つことは、自分自身を作り上げていくこと

子どもの頃、将来の夢をたくさん持っていました。今でも将来の夢を持ち続けています。無謀な夢だと嘲笑う人もいました。確かにほとんどの将来の夢は、夢で終わりました。ただ、その悔しさがあるからこそ今を生きる強さがあるのだと思います。成功だけが成長ではありません。

将来の夢を持つことは、今まで歩いてきた自分、そしてこれから歩いて行く自分を作り上げてくれます。叶う叶わないは結果論です。叶うことに越したことはありません。しかし、結果よりもここまで歩いてきた過程が大事だと思います。

最近の子どもは、YouTuberになりたいという子が増えています。素晴らしい夢だと思います。もちろん、YouTuberに簡単になれるわけではありません。あの大物YouTuberのヒカキンさんは、ものすごい努力と才能の持ち主です。

YouTuberは狭き門でしょう。それでも、将来の夢を持つことは大切です。生きていく上で、何の夢もなく生きるのは辛いことです。夢がプレッシャーになったらいけませんが、これからの指針になります。

残念ながら、将来の夢を叶えられる人はごくわずかです。でも、そのごくわずかになれるかもしれません。何歳になっても、夢は持ち続けるべきです。将来がないと嘆くよりも、明るい将来があるとウキウキしたほうが幸せではないでしょうか。

子どもの頃の将来の夢は無限です。宇宙飛行士でも芸能人でもなれる可能性があります。ただ、成人になってから野球を初めて、プロ野球選手になるというのは無理でしょう。将来の夢は自由ですが、子どもでないのだから、現実的な夢であるべきです。

子どもはまだ自分の才能に気づいていません。成人は、ある程度自分の才能がわかるはずだと思います。会社員なら、重役を目指すことや、自分の会社を起業するといったことが将来の夢になります。他にも、貯金を貯めて、宇宙旅行に行くといったことも将来の夢になると思います。

もし、将来の夢がないというのなら、全力で探す必要はありません。きっと、身近にあるはずです。誰かの将来の夢を応援することも、あなたの将来の夢になるはずです。夢は常に持ち続けたいですね。